保証

ECが始める延長保証・保証

延長保証

 

ECは長い間、限られた少数の小売業者だけが延長保証を提供してきました。


それはなぜでしょうか?


答えは始めるには多様で複雑なプロセスを踏まなければならないからです。

具体的に必要なプロセスは以下になってきます。

  1. 保証プランの作成
  2. 保険法人の審査通過
  3. CS業務体制整備
  4. ECへのシステム導入

保証プランの作成

保証プランの作成は最大の注意を払わなければ、
保証引当金(実際に保証履行事項が発生した際に修理・交換等の費用)が集めた保証料を超える逆鞘の恐れがあります。

保証プランを作成する為には故障率、保証加入率等を加味した正確なリスク計算が必須になります。

 

保険法人の審査通過

瑕疵担保責任についても考えなくてはなりません。
瑕疵担保責任についてはこちらが分かりやすいです。

ここで考えなくてはならない事は「事業者が倒産等により瑕疵担保責任を履行出来なくなった時にどうするか」という事です。

一般的には保険法人を後ろに置きますが、審査は当然厳しくなってきます。
販売実績、故障率、会社としての体力etc…加えて、審査期間も発生してきます。

 

CS業務体制整備

保証を始めると当然保証を受けたいと希望する顧客からのお問い合わせが発生します。

その為にCSチームの立ち上げ、又は既存のCSチームの強化が必要になってきます。

人件費や受付時間等様々な事を顧客体験を下げずに実行する必要があります。


ECへのシステム導入

上の3つが準備出来たとしても顧客に保証を届けなければ意味がありません。

保証のシステムには、保証プラン、商品情報、保証情報、顧客情報、問い合わせ情報が最低限必要になってきます。

高レベルで実現するには人材、資金、時間の投資が必須になってきます。




と今まで延長保証を始める困難さに言及してきましたが、私達は「延長保証」をECの売上の最大化、顧客満足度の2つの問題を解決する1つの方法である事を確信しています。

 

弊社が提供するプロテジャー(proteger)は以上の4つを簡単にクリアして、延長保証に関わる全てを一元的に提供しています。